ライフスタイルとは?

2018年12月21日

ライフスタイルって言葉、よく聞きますよね?

横文字でよく分からないし、かっこつけてるだけとおっしゃる方もいらっしゃるかも。

簡単にいうと「部屋で何をするか」という事です。

「くつろぐだけ」なのか、「料理」なのか、

「読書」なのか、「仕事、勉強」なのか等です。


部屋で何をするかにより、揃えるインテリアが変わります。

物をあまり置きたくない「シンプルライフ」を目指すなら「くつろぐだけ」

「料理」をしたいなら「キッチンカウンター」

「仕事、勉強」をしたいなら「デスク、チェアセット」

「読書」をしたいなら「ソファ」

等あげられます。


この「ライフスタイル」という言葉の意味は実は深いのです。

この「ライフスタイル」を変えるだけで物件のイメージが180度変わります。


もっと、この「ライフスタイル」という言葉を掘り下げると「どの様に部屋で生活するか」「どの様に食事をとるか」「どの部屋で何をするか」があります。


旧来の昭和の団地のイメージの「ライフスタイル」は7畳くらいのダイニングキッチンにダイニングテーブルセットをレイアウトし、ダイニングテーブルで食事を取るスタイルが一般的でした。


この「ライフスタイル」がちょっと、昭和のイメージを出してました。

団地のリノベーションというのは「ライフスタイル」を変える為に行っています。

一番多いのは、和室を洋室に、または、4.5畳の和室と7畳のダイニングキッチンの2DKの壁を取り払い1LDKにするというもの。

これらは、昭和の旧来のライフスタイルを変え、昭和のイメージを払拭して現代的にすることで、若い方のライフスタイルに合わせております。


中駒九番団地では、この昭和のイメージを現代的なイメージにする為に、「ホームステージング 」と「インテリアコーデDIY」という手法をとりました。

「ホームステージング 」 とは、間取りを変えたり、和室を洋室にするのではなく、インテリアを使うことでイメージを変える手法です。

団地の昭和のイメージであるダイニングキッチンで「ダイニングテーブルで食事する」スタイルから「ソファで食事する」ライフスタイルに切り替えました。

そうです。「ライフスタイルをデザイン」したのです。


ソファで食事するのは姿勢が悪くなると思うかもしれませんが、

今、ソファに合う高さ55cm程度のカフェテーブルがあり、

「ソファダイニング」という言葉もあります。


この「ソファで食事する」ライフスタイルはカフェっぽくありませんか?^^ 


そして、「インテリアコーデDIY」 。

インテリアを購入して自身で組み立ててレイアウトする。

何よりこの「仕組み」が、この中駒九番団地の新しい試みです。

それは、モデルルームを1室設けておいて、入居者の方はスマホから低コストのインテリアを購入してWEBでコーディネートを確認しながら借りた部屋を自分好みに部屋つくりをできるように したこと。

「モデルルーム1室により、1室のみならず、同じ間取りの全ての部屋をリデザインした点」

「住み始めるまでの行動までデザインした点」です。


これでリノベーションした部屋だけおしゃれで未リノベーションの部屋は古いイメージのままだった点や、モデルルームの家具は高すぎて揃えることが出来ずに、いざ住み始めたら全然イメージが違うという点を解消しました。

団地が古い、狭いというのは昭和の話です。
平成になり、ライフスタイルに合わせた一人暮らし、インテリアを提案しております。

そして、今度は令和。
令和になれば、働き方がもう変りつつあります。


インテリアでライフスタイルを変える。
ライフスタイルを変えたら仕事を変えて自分を変えてみませんか?

仕事も女性に紹介して頂けるなら、安心できます。

もし、持ち家の方がいらっしゃったら、急に転勤が決まった、家族が亡くなって家を売却する必要が出てくる前に、見積もりだけ確認して相場を知っておくのもありですね!空き家問題も深刻ですよね。